一枚の記念写真が、一生の宝物になる。

写真師に脈々と受け継がれているTojoの極意は、お客さまが持っている内面の美しさがにじみ出る瞬間を捉え、シャッターを切ること。この特別の一枚にかけて真剣勝負したネガフィルムは、修正士、プリント技術者たちクラフトマンの高度な手作業を通して、あなたの一生の宝物として生み出されていきます。時間をかけて、手間をかけて完成されていく、Tojoの記念写真。アナログ写真が醸し出すアートのような、絵画のような美しさは、伝統の4×5インチフィルムの大型カメラとクラフトマンシップが創りだすTojoならではの技です。Tojoの写真は、特別の一枚。だから、時を超えて人びとの心とアルバムの中で、しっかりと生き続けていきます。

いま、アナログカメラを愛するファンたちの間でネガフィルムの真の実力が見直され、再び脚光を浴びはじめています。いわゆる写真撮影への原点帰りかもしれません。Tojoは100年以上も前から、どんなにデジタル化が叫ばれても、ひたすらネガフィルムにこだわり続けてきました。そして、その素晴らしさを一枚の写真に託してきました。ネガフィルムを使った手づくりの写真こそ、人間味あふれる写真になることを知っているからです。

ひと口にネガフィルムと言っても、アマチュアのカメラマンたちに馴染んでいたものは、35mmフィルムです。Tojoではネガフィルムと言えば、4×5インチフィルムの「シノゴ」や8×10インチフィルムの「エイト・バイ・テン」などの大型カメラ用のネガフィルムのこと。Tojoの写真師たちは、カメラ、プリント、ネガフィルムの優れた特性である顔の色調や質感の再現性に、当たり前のようにこだわってきました。そして、ネガフィルムは人の琴線や感性に触れるフィルムとして、長い間君臨してきたのです。一発必中の極意から生まれる一枚の写真は、ネガフィルムに勝るモノはないと。

東條フォトスタジオは、完成までの工程をすべて手づくりで仕上げます。手間と時間をかけて、一枚の写真を生み出しています。

Tojo EVENTS & SPWCIALEVENT & NEWS